ネクサス・グリーンアライブは、地震による被害があったネパールへの募金・活動の支援を行っています。

ネクサスグリーンアライブ

プロジェクト

 

地球環境保全と地域経済の活性化が両輪となった、Sustainable Coffee (サスティナブル・コーヒー)を、生産者と消費者のコミットメント(約束)のもとに育てます。

サスティナブル・コーヒーとは

sustainablecoffee3.1 ネクサスがめざすコーヒーとは、Sustainable Coffee(サスティナブル・コーヒー) 『持続可能なコーヒー』です。持続可能なコーヒーとは、栽培地の自然環境や住民の 健康や安全、消費者の健康や安全を考えたオーガニック・コーヒーで、手間と愛情を かけた分に見合う値段で価格が取引され、得た利益で地域の公共福祉や教育、環境に 貢献するとコミットメント(約束)したコーヒーのことです。 結果として、生産者が無理なくコーヒー生産に従事し、その地域に長く暮らせる社会をつくることで、森や畑の手入れが行き届き、世界の気候に影響を及ぼすヒマラヤの自然を保全することになります。 また、そういったコーヒーを消費者が購入することは、消費者もまた生産者の幸せや自らの幸せ、世界の環境保全に自ら貢献すると、コミットメント(約束)することになります。 サスティナブル・コーヒーは、コーヒーを通して、自然と関わる人びとをお互い幸せにする、『約束のコーヒー』なのです。

活動1:ネパール・コーヒー農民 紹介冊子の制作

『Innovative Coffee Farmers in Nepal 』 (情熱あるネパール・コーヒー栽培農民)と題して、ひたむきに努力を重ねるコーヒー栽培農民のこれまでの苦労と成功話、将来のコーヒーにかける夢を1つの冊子にまとめます。各地のコーヒー栽培農民がこの冊子を読むことで、他村のコーヒー栽培農民の成功事例を知り、学びあい、同じコーヒー栽培農民として誇りを改めて実感する読み物として、その役割を果たします。また、この冊子をネパール国内のカフェやレストラン、観光案内所に配布することで、コーヒー栽培農民の存在や、ネパール産コーヒーの認知度を高めます。 →2013年12月終了!

活動2:ネパールでのコーヒー品評会&研修会へコーヒー鑑定士を派遣

ネパールで年1回行われるコーヒー品評会&研修会に、国際資格を持ったコーヒー鑑定士を派遣し、コーヒーの鑑定方法、および栽培と精製工程の改善点を農民にアドバイスする研修会に協力します。

活動3:サスティナブル・コーヒーの開発とモデル地域形成

ネパール山村の人びとの暮らしと環境を守りつつ、山村内に現金収入の機会を創出するために、地域経済の活性化と環境保全を一体化させたサスティナブル・コーヒーの開発とモデル地域形成を行います。